オリジナルインク メディコ・ペンナ~北野異空間SAGE BLUE~

札幌に出張販売に行った時に、北晋商事の金さんからローラーアンドクライナーの青騎士インクの350mlをプレゼントされました。

青騎士は10年に1度発売される鮮やかなブルーの限定インクで、ローラーアンドクライナーらしい滑らかなインク出と、紙にスッと沈む紙馴染みのいいインクでした。

350mlもあるのでなくなる心配をせず思いっきり使えると、海外の万年筆に入れて主に手紙に使っています。

カリグラファーである金さんの奥さまも愛用されていて、お二人が大切にしているインクをプレゼントしてくれたのだと思うと嬉しく、私にとって特別なインクになりました。

私はそのモノの評価や口コミよりも、今回の青騎士のように、人との交流を象徴したり、個人的な思い入れが感じられるものを使いたいと思います。

モノはやはり単なるモノだけど、そこに想いが加わることでそれはモノ以上の存在になる。

Pen and message.という店名にはそういう想いを込めていて、それは創業以来変わらない店の活動を通して皆様にお伝えしたい当店からのメッセージです。

今回ご紹介するインクも、小説「メディコ・ペンナ」を読んで、小説に特別な思い入れを持って下さった方の愛用のインクになると思います。

あれこれ準備を進めていましたが、昨年11月の「メディコ・ペンナ」出版から1年近く経ってやっと完成しました。

「メディコ・ペンナ」は蓮見恭子先生の神戸の万年筆店を舞台にした小説で、当店をイメージして書いたと先生も公言して下さっていて、お店としてこの小説に共鳴することをしたいと思っていました。

「メディコ・ペンナ」の世界観を表現したインクを作ろうと思い、今年初めに小説を発行したポプラ社さんにコラボインクの企画を持ち込み、蓮見先生の口添えもあり了承されました。

蓮見先生の担当編集者森さんのお力添えで、本の装丁をされたブックウォールさんにパッケージをデザインしていただけることになり、画家の名司生さんの絵を使わせていただけることになりました。

「メディコ・ペンナ」の魅力は、もちろんその小説自体にありますが、小説の世界観を見事に表現した名司生さんの表紙絵も魅力のひとつです。

インクの色名「北野異空間SAGE BLUE」は蓮見先生が命名して下さいました。

インクの色は、強く主張しないけれど存在感のある色、クラシックさと今を生きるみずみずしさのある色にしたかった。

それが小説「メディコ・ペンナ」の世界観に合っていると思ったし、万年筆店「メディコ・ペンナ」の店主冬木透馬の生き様を表現した色だと思いました。

少しくすみのあるセージブルーは万年筆インクの古典的なブルーブラックの色を今風にアレンジした染料インクです。

流れも良くて、安心してお使いいただけるインクでもありますので、多くの人にいろんな万年筆で使っていただきたいと思っています。

予定よりも時間は掛かってしまったけれど、9/23の創業15周年という節目となる日にこのインクを発売することができました。

小説を書いた蓮見恭子先生の想い、その本の出版、装丁に関わった人たちの想い、そして本を販売している私たちの想いがひとつのインクになりました。

⇒オリジナルインク メディコ・ペンナ~北野異空間SAGE BLUE~

⇒小説「メディコ・ペンナ~万年筆よろず相談~」(蓮見恭子著・ポプラ社)

虹紙製作所の銘木鉛筆とカッターナイフ

最近メモ書きにパーフェクトペンシルを使うようになって、文字を薄く書ける醍醐味を知りました。

書いた文字、書いている文字が近くにいる人から読まれにくい安心感。それは誰かに読まれたら困る内容でなくても思うものだし、電車の中など公共の場所で書きものをする時などには特に思います。

今までは、シャープペンシルの2Bや4Bなど濃く柔らかく書ける芯を使っていましたが、パーフェクトペンシルにはHBしかありません。

使ってみると、濃い芯に比べて硬い分減りにくく、しょっちゅう削らなくてもいいということも分かりました。

東大阪市にある虹紙製作所の銘木鉛筆、ラグジュアリーペンシルもHBですが、最近は鉛筆をフル活用していて、パーフェクトペンシルと並行して使っています。銘木の鉛筆ということだけあって木目や質感が良く、書いていても気分の良いものです。

パーフェクトペンシルは小さなハンドシャープナーでスルスルと削ることができますが、ラグジュアリーペンシルは銘木なだけあり硬く肥後守などのナイフで削る方が向いています。

これは独断と偏見かもしれないけれど、使っていると通っぽく見られる筆記具は、一位は万年筆で、その次は鉛筆なのではないかと思っています。

それほど鉛筆は奥が深く、使う楽しみのある筆記具で、銘木で鉛筆を作ろうと思った虹紙製作所のセンスが素晴らしいと思いました。

パーフェクトペンシルのキャップにラグジュアリーペンシルも入るので、時々入れ替えて使っています。

「レザーユーティリティナイフM」という銘木ハンドルのカッターナイフにも、虹紙製作所の大人のセンスがよく表れています。

カッターナイフの老舗NTから製作を認証されたカッターナイフで、ハンドルの造形、握り心地など銘木を素材にしているという甘えが一切ない完璧な仕上がりの素晴らしいカッターだと思っています。

ベースとなっているNTカッターのプレミアム2H型は刃の送りが滑らかなので音も静かで、切れ味の良さも抜群です。

カッターナイフは刃物の中では通っぽさはあまり感じないかもしれませんが、むしろ革職人さんのようなプロの方が、革包丁に代わる道具として使っているという話をよく聞きます。

こういう良いものを長く道具として使って、自然に艶が出てくるほど愛用したいと思います。

⇒ファーバーカステル パーフェクトペンシル

⇒虹紙分室・ラグジュアリーペンシル(銘木鉛筆)

⇒虹紙分室・レザーユーティリティーナイフM

クロム鞣し(なめし)の革

今人気のある革は、磨いたり使ったりするうちに艶が出て、比較的短期間で劇的なエージングをするものです。

使い始めた時はマットな質感の革が、どんどん艶が出てきて膜が張ったようになってくると、愛着が湧いてきていいものです。そういう革は自然の渋でなめしたタンニン鞣しのものが多い。

それに対して科学的な薬剤でなめした革は「クロム鞣し」と言って、タンニンよりも早く鞣すことができるし、以外にも環境に優しいため今ではほとんどの革に「クロム鞣し」が採用されています。当店でも多く扱っているシュランケンカーフもクロム鞣しになります。

クロム鞣しの革は変化がゆっくりで、長くきれいな状態で使うことができます。傷や汚れがつきにくく、水に強く、扱いやすいのもクロム鞣しの革の特長です。

タンニン鞣しのような劇的なエージングではないけれど、少しずつ柔らかくなったり、光沢が増したり、シボがつぶれてきたりして、クロム鞣しの革なりに馴染んできます。

この馴染み方や仕上がった革がスマートな印象なのもの良いと思って、当店では機会があるごとに使うようにしています。

最近ではフランスの老舗タンナー、デギャーマンのドーフィン革を特に気に入っていて、ボールペンサイズに特化したレザーケースSもこの革で作ってもらっています。元々5色のラインナップでしたが、新たに2色を追加しました。

パウダーブルーとパウダーピンクは9月9日、本日から開催の京都手書道具市でお披露目しますが、同時に店でも販売スタートします。

なるべくスリムで、スマートにペンを収納したいと思って作ったペンケースで、腕の良い職人さんは細かく狂いのないステッチ、端正なコバ処理を施してくれて、シンプルなペンケースの印象を変えることなく仕上げてくれています。

フリースピリッツさんの元町の工房で作っている人気商品「レンマバルコペンケース」は、プエブロという劇的なエージングをする革で作られています。素材感が感じられる革と、左右の端まで届くファスナーは大きく開閉するので、出し入れもしやすくなっています。

同じ形でドーフィン革のトープで作っていただいたペンケースを先日発売しました。かわいらしいバルコの形はそのままに、全く違う印象になったと思います。

劇的なエージングをするタンニン鞣しの革も、洗練されたようなクロム鞣しの革も、それぞれに合ったものを見極めて使っていきたいと思っています。

⇒オリジナル レザーケースS ドーフィンレザー

⇒バルコ ペンケース Pen and message.特別仕様革・ドーフィンレザー

2023年オリジナルダイアリー

開いてすぐ手帳に書き込めるように、ファーバーカステルクラシックのボールペンにカランダッシュのゲルローラー芯を入れて使っています。

ゲルローラーは書き味が滑らかなのと、筆跡にインクの感じがあって万年筆のように書けるところが気に入っています。

カランダッシュは油性ボールペンも滑らかで評判がいいですが、専用規格のため他メーカーのボールペンでは使うことができません。でもゲルローラーはパーカータイプの汎用規格なので、ファーバーカステルのボールペンにも使うことができます。中の芯を換えるだけで用途が変えられるので、使い道に困っていたボールペンを生き返らせることもできます。

ゲルローラー芯のパッケージを見ると日本製と書いてあり、細かい文字を書ける仕様であることに納得しました。

来年の正方形のオリジナルダイアリーが出来上がりました。

オリジナルダイアリーは、ウィークリーとマンスリーの2種類があります。

ウィークリーには、1ページ1か月のマンスリーダイアリーも収まっていて、オールインワン的なもので、これ1冊で予定から記録まで全てをこなすことができます。

マンスリーは壁掛けカレンダーそのままの見慣れたレイアウトで、1ページに様々な情報を書き込んで、そのページをパッと見れば感覚的に全てが分かるようになっています。

このダイアリーを作り始めて12年経ちますが、どちらも特長があっていまだにどちらを使おうか迷います。

私たちがダイアリーですることをスケジュール管理とToDo管理と毎日の記録だと考えた場合、1冊に全て収めることができるのがウィークリーダイアリーで、ウィークリーダイアリーさえあれば、あとはメモ用のM5手帳があればたいていの人は足りるのではないでしょうか。

色々な手帳を使い分けたいという人はスケジュール管理用にマンスリーダイアリーを使って、記録はM6やバイブルサイズのシステム手帳に任せて、ToDoとメモはM5手帳という使い方もできるでしょう。

ダイアリーの発売に遅れてしまって申し訳ないけれど、この正方形ダイアリー用カバーを企画して、いろいろ動いています。

表紙にも質感の良い丈夫な紙を使っていますので、カバーを付けなくてもコンパクトに使うことができますが、色々な人の好みに合わせたいとも思います。革カバーもいいですが、薄く使いたい人のための透明のビニールカバーもご用意しています。

私は今ゲルローラーで使っていますが、もちろん万年筆で使うことを念頭に置いて選んだ紙なので、万年筆でもお勧めです。書きごたえがあり、裏抜けもありません。少し厚みがある紙はインクを含んでもいい感じになります。

当店のような小さな店がオリジナルダイアリーを持っているというのは、分不相応ですがとても恵まれたことだと思います。

このダイアリーを毎年作ってくれている大和出版印刷さんという強い味方がいることと、ともに販売してくれる神戸派計画の人たちや、分度器.com/590&Co.の谷本さんがいるからです。

私たちはこの正方形ダイアリーをもっと多くの人に使ってもらいたいと思っています。

⇒正方形ダイアリー「マンスリー」

⇒正方形ダイアリー「ウイークリー」